SSブログ
前の10件 | -

オリンピック開幕 [雑感]

先日、我家の上空をブルーインパルスが飛んできました。ご近所の方々もベランダに出て上空を撮影したり見ていました。当然我家も首を長くして見ていました。近所のビルの屋上では絶景で見ている若者が居て羨ましく思っていました。

1964年のオリンピックはまだ小学生でしたのであまり記憶はありません。その頃開発が急ピッチに進んだ事は憶えています。近くに片側2車線道路が作られ、オリンピック道路と呼んでいたのが印象に残っていることぐらいでしょうか。もう一つ男子100M競争で日本の飯島選手がロケットスタートを見せてくれること、そして「黒い弾丸」アメリカのボブヘイズが10秒0を出すこと、この2点が話題だったのも憶えています。結果はヘイズが10秒0で優勝、飯島選手は残念ながら決勝に進めませんでした。

無観客のオリンピックが開催されて数日が過ぎ、日本選手の金メダルも順調に獲得出来ているのでしょうか、よくわかりません。でもやはり盛り上がりは欠いているような気がします。

その反面感染者は凄いスピードで上がり始めました。若者達が渋谷等の繁華街に繰り出して酒を飲んでいることが連日報道されています。これは仕方が無いでは済まないのでしょうが、こんなものだと思います。若者たちのエネルギーはもう限界に来ているのです。長い自粛生活は彼等には酷なのでしょう 「八月の濡れた砂」という映画が昔ありましたが、この映画には若者の狂気や弾けるエネルギーが見て取れます。何もなくてもあの映画に描かれた若者像はリアルな若者像なのです 「家に居ろ」では歯止めが効かないのは自明の理だと思います。

ちょっと一服

ブルーインパルスを撮影しました。

DSC00677.jpg
DSC00664.jpg
DSC00718.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

病院というところ [雑感]

P1170990.jpg先日より 少し入院していました。

まあ少し気になるところがありまして  先生も「それなら今のうちに処置しておいた方が後回しにするよりはいいでしょう」ということで入院ということになりました。午前中の入院が決まりのようで朝入院しました。入院の日は何もすることがなく、せいぜい院内コンビニに行くことぐらいしかありません。看護師さんも体調を整えておいて下さいというだけです。きっちり食事は出てきますし、食後はベッドの上で看護師さんの来訪を待ちます。血圧やら体温やらの測定があるのです。院外への外出は禁止、シャワー時間は16:00終了で予約制でした。新規入院の人は予約がないのですぐシャワータイムです。そんなこんなで一日が終わりました。

部屋は四人部屋でお互いカーテンをしていますのでほとんど顔を見ません。21:00消灯 6:00起床の病床フェーズが始まりました。良く寝られたのか分からないような起床を迎え、ルーティンの体調測定が終了すると朝ごはんです。これも終了すると慌ただしくなってきました、手術着に着替える指示が出ました。

本日3件目ということで 12:30手術室へ自分で歩いて向かいます。付き添いの看護師さんは手術室まで、そこから手術室看護師に交代です。暫く待っていると手術室スタッフ 麻酔科看護師やら先生やら挨拶に来まして、痛くないようにしますと約束してくれます。担当看護師さんはOさんでした、前に入院した時の手術室看護師さんもOさんでしたので関係があるのか聞きましたら 何と今回のOさんの先輩でした。随分懐かしそうにしていましたがこちらはかなり緊張していて会話も途切れがちです。間もなく手術台の上に載せられ麻酔が点滴で入りますようと言われて・・・もう意識ありませんでした。次に起きたのは手術終了した旨の確認で起こされた時です。朦朧とした中病棟へ ベッドに戻されました。

DSC00501-強化.jpgここから格闘扁に突入です、痛みはひどく無いのですが体は固定されていますので真夜中には腰が痛み出し、あーだこーだ思っているうちに長ーい夜が明け朝が来ました。朝食は無しで、水で生き返りました。手術は上手く行ったらしく診察も順調に進み、昼前に管が1本とれました。そして昼食が出ました、すごいスピードです。それから体調測定が済むと直ぐに体拭きやら終えて歩行訓練が始まりました。

かなり順調です、同室の方々には申し訳ないくらいです。新規の患者さんが入院してきました、声だけ聞こえます・・・癌を患っているようで手術で取り切れず、抗ガン剤治療での入院のようでした。凄い精神力です タマゲマシタ、全然明るいのです 未来はまだまだという感じで話していました。

本当の病気と闘病について知らなさすぎる自分を見つけた思いです。

今回は2回目の入院でしたが順調な人生に向かっての再出発と思いを定めました。

今は自宅にてリハビリ中。

数日間の入院でも体力はかなり落ちました、患部の痛みが取れるまで暫く隠忍自重の日々です。

タグ:病院 手術 入院
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は七夕 [探鳥]

毎年 人生において七夕の夜に天の川を見たことがありません。DSC00507-2.jpg

我家の地域でも連日の雨降りです。激しい雨で多くの地域に災害警報が出ています、毎年のこのようなニュース、災害地域にお見舞いを申し上げます。


さて、新しいカメラで撮影散歩に行きたいところですが雨降りでそうも行かない日々に悶々としています。

梅雨の晴れ間を狙って近所の川まで足を伸ばしました。



少し鳥を撮れたので掲載します。
DSC00519 (2).jpg

DSC00521-2.jpg          























DSC00513-2.jpg
時には慰めも必要です

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳥撮影 システム変更 [探鳥]

二回目のワクチンも滞りなく終わり耐性がついたと喜んでいる日々です。

DSC_9667.jpg
400mm

今までのバードウオッチングスタイルは散歩しながらの鳥撮影でした。このスタイルは二つのメリットがありまして、一つは散歩、もう一つは写真。写真は下手のド素人ですが見つけた鳥や風景を記録したいという思いだけで撮っている自分の楽しみです。このスタイルを結構気に入って楽しんでいます。しかし写真の方は欲が出てきます、最初は写っているだけで満足でしたが徐々に鮮明さを求めます。鳥や動物は出会うチャンスが一期一会ですから、このチャンスを記録するのに不鮮明では後で見る楽しみが半減です。

そこでカメラ性能、なかでもレンズ性能に悩んできました。やはり望遠レンズの射程を長くしたいと思うのですが いい物は高価です、程ほどに妥協してきました。今までの機材は400mmの望遠レンズですがこれでは小鳥は小さすぎます、近寄れば鳥は逃げますので遠くから狙える超望遠レンズが欲しくなりました。1年越しで検討してきましたが思いきって、システム変更に舵をきりました。ニコンからソニーへ変更です、ニコンのAPSC機からソニーフルサイズへ変更しました。解像度の点からあこがれのフルサイズへ転換です。やはり時代はミラーレス、レンズも超望遠600mmを導入です。これで写真が上手くなる訳ではないのは分かっていますが人生一度きり。結構高価でしたがチャレンジと思い導入しました。

DSC00171-2.jpg
600mm
さて、機材が到着して試し撮りに近所を散歩しました、ブラブラすること小一時間、カラスや猫といったいつものヤツがいるだけです。ファーストインプレッション 400mmより随分重くなりました。ズシリときます、手がプルプル震えてピントが合いません。これでは林道や登山道を歩くのは無理かも!

年配者が超望遠レンズで鳥撮影するパターンはほとんどが三脚で定位置固定です、蛇足ですが このパターンはその一帯に空気の澱みが発生してあまり近寄りたくない雰囲気が醸されます。このスタイルだけは陥りたくないので気ままな散歩の手持ち撮影にこだわっているのです。過去に何度かこの人達に近づいて怒鳴られたことがありますので正直言って不快です。特にカワセミ撮影に多いですね。

DSC00341-2.jpgしかし解像感は違いました!  ド素人でもここまで撮れるのに大感動!

取り敢えず結果の違いを掲載します。

上が旧機材 中・下写真が新機材で撮影

中のカワセミをこれだけ大きく切り出せました。上の写真ではこれ以上カワセミを大きく切り出すと画像が破綻します。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ロビンソン・クルーソー [本]

Robinson Crusoe 英語ではこのように表記されます。突然にこのお題は唐突でしたが、児童文学の傑作選に現在チャレンジ中でして 何故今児童文学なのか? 少し童心に戻ってやすらぎたいと思ったのです。しかし発見も多くありました。

この作品は1719年ダニエル・デフォー(英国の作家)によって書かれたものでして いわば18世紀初頭の冒険小説ということになります。ウィキペディアによると1665年ペスト大流行後に書かれたもので、デフォーも少年時代ペスト流行を経験しています。今とよく似た世相のようで面白いです。書名は「福音館 古典童話シリーズ ロビンソンクルーソー」立派な装丁本です。DSC_0108.jpg

あらすじ 主人公ロビンソンは両親の訓戒に反して冒険心に任せて友人と共に航海に出ます。本人いわく ここで辞めて置けば良かったという後悔を繰り返しながら新たな冒険にでてしまいます。大航海時代ですから冒険=貿易と大金持ちが目標となります、勿論大金持ちになり奴隷になりと天国と地獄を繰り返します。少しお金が出来ると次の航海に出ますが、航海途上で海賊に遭遇して奴隷にされます。この時間軸が今と違います彼は2年間 奴隷にされていますがチャンスを見つけて脱出します。この脱出の航海も凄いです、アフリカを海岸伝いに逃げていきます、途中ライオンや豹を狩猟して毛皮にします、これを商品にして脱出していくのです。まるで映画「パピヨン」のような世界です。

この脱出劇の後 ブラジルに渡り農場を経営します。それなりに裕福になり大農場を経営するまでになりますが、黒人奴隷の売買を目的としてまたも航海に乗り出します。この航海で船が難破、無人島に流れ着きます。この船での唯一の生存者となり、無人島での孤独な生活が始まります。彼が運が良かったのは船の残留物を引き上げることに成功したからです。これが無ければこの後の生活はあり得なかったと随所に出てきます。そして28年間の孤独な無人島暮らしに終止符がやってきます。この島は食人種の島だったのです。向い側の大陸から食人がやってきては捕虜を「ツマミ」にして大宴会を開く島だったのです。しかし船から引き上げていた鉄砲がここで役に立ち、食人種を追っ払い島の帝王として君臨するのです。本人はこの島でのたった一人の人間にして国王であると夢想します。そして話しはいよいよ脱出劇へと進んで行きます。

1a.jpgどのように脱出したかは本をお読み下さい。この島の大まかな位置ですが文中ではブラジル北部のオリノコ川河口付近 トリニダード島周辺の「絶望の島」と記されています。小説の2/3ぐらいは無人島での生活に終始します。読んでいるうちに「グアム島の横井さんやルソン島の小野田さん」もこういう生活だったろうと頭に浮かんできます。久々に単純で面白かったというのが感想です。

作家デフォーはこの小説が当たり大金持ちになります、本人はお金が欲しくてこの小説を書いたと後に言ってます。図に乗って続編を出しましたがこちらはあまり芳しくなかったようです。脱出したロビンソンはこの後再度この島に訪れていることになっています。

この小説を今映画にしたら凄いアクション冒険映画になるだろうと勝手に想像しています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

中里介山 大菩薩峠 明滅するユートピア [本]

先日無事ワクチン1回目接種を終えました。これで幾分リスクが低下したと勝手に思い込んでいます。

P1170849.jpgさて、この展覧会が見たくて40年ぶりぐらいに日本近代文学館に行ってきました。もっと大きな展示室で常設展とかあるのかと想像していましたが、通常で言う小展示室という感でした。併設で川端康成展というか「伊豆の踊り子」特集のようなものが展示されていました。


大菩薩峠展の方ですが作品を理解する上では分かりやすい展示となっていて面白かったです。印象的だったのは主人公「机 竜之介」の人物像はその後の時代劇主人公にかなり影響を及ぼしたことです。先日来の追悼特集になっている田村正和さんの当たり役「眠り狂四郎」はまさに机竜之介そのもののように感じてしまいます。

武州裏街道とは青梅街道の別名のようです(表街道は甲州街道)この作品の舞台に青梅街道が取り上げられています、中里介山の生まれが今の羽村市だったことに由来しているのも意外でした。介山先生が描いたこの作品は途中から主人公が多数現れて、登場人物の人生を追っていく展開となります。これがこの作品理解を難しくしていますが、何十年もかけて書き続けている訳ですから何となくその心境変化が理解できます。もう一つ興味深かったのは介山先生が著作権や映画になった時の演出にものすごいこだわりがあったことです。この先生は自分の思い通りにならないと喧嘩して差し止めてしまいます。それだけこの作品に対する思い入れや大切さが深かったのでしょう、思いがよく伝わってきます。この作品は当時の最高エンターテイメントだったということもわかりました。

映画、演劇と繰り返し上演され、なんと机竜之介の秘剣「音無しの構え」は高野佐三郎や中山博道によってオーソライズされたようです。高野佐三郎や中山博道は剣聖とされ、現代剣道を確立した偉人と言われています。「音無しの構え」は音を立てずに相手を打ち取る中西派一刀流の究極の剣技です、現代剣道でもこの技は至高の技とされています。誰でも出来る技ですが思うように使うことが出来ない至難の技 要は狙って出来る技ではなく正に「無」の境地の時現れる 「天から降りてくる技」だと思います。P1170856.jpg

或る日、警視庁剣道OBの大先生から面白いことを教わったことがあります、「昇段の試験では一切打つな、今日は1本も打たないぞと心に決めて試験を受けろ」 これは奥深い言葉です 1本も打たなければ試験になりません。1分間しかない制限時間の中でどういう心で臨むのでしょうか この逆説的な心境にこそ奥義があるようです。きっと「音無しの構え」とはこのような心境の中でしか出ない技なのかもしれません。


もう1回ワクチンが待っていると思うと複雑な心境 何故なら2回目の方がキツイから!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

高尾山でバードウオッチング [探鳥]

また再延長ですか  フーッと溜息が出てきます   それも20日間ですか

新緑の高尾山に行ってみました。

DSC_0612.jpg今回は日影林道から城山そして稲荷山コースで高尾山口を目指します。日影林道へは高尾駅から小仏行きバスで日影バス停下車 20分ぐらいでしょうか

このコースにするか 中沢林道 はたまた 小下沢林道かと迷いました。大平林道 高尾林道に抜けたくて、このコースに決めました。

行きの電車で携帯の電池が切れていることに気付きました! 後の祭りです。地図無しハイクになりました。

日影林道は真っ直ぐ進むと城山に出ます、ここから一丁平を経て大平林道に行けるものと思っていました。事実行けるのですが 一丁平手前の案内板をスルーして 一丁平で道確認したら戻らなければならない事が判明 でも もう戻って行く気力がありません そろそろ足にキテイタのです。

DSC_0607.jpg高尾山山頂手前で連絡道があるということに期待して進みました あったのですがロープで進入禁止です。と そこから人が出てきました、ロープ跨いで現れました。この人通行禁止道を歩いてきたのでしょう

 

行こうかと思いましたが 地図 GPSがありません  残念ながら断念して稲荷山コースから下山です。

さて、肝心のバードちゃん達は ウグイス発見 キビタキ発見 ヒヨドリ発見 イワツバメ発見 で終了です 高い所にいて発見難しかったです。キビタキは双眼鏡で辛うじて発見という収穫のなさ 全行程14Km 

DSC_0637.jpg人流は多かったです みんな我慢の限界に近づいているようで

 

梅雨も早いし ワクチン近いし もうちょっとで頂上到達というところなのでしょうか?

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

関東ふれあいの道1 神奈川 [トレッキング]

三浦岩礁の道 「ステイホーム」の一言で全てを済まそうとする偉い先生達の言う事に我慢ならなくなって来ました。一人で無言で歩いたりすることで本当に感染するのでしょうか?五月の新緑の香り・・・・運動不足解消も兼ねて(筋肉が落ちてきて体調が悪くなってきました)出かけました。三浦半島剣崎灯台を経由して三浦漁港までの10Km程のトレッキング 岩礁地帯には釣り人 日光浴の人 ほんの僅かの人しかいません・・・という一人旅でした。




DZEP7391-強化.jpg
剣崎灯台
0347強化3.jpg
ホオジロが鳴いています 電線が残念
DSC_0386-強化-強化.jpg
イソヒヨドリがたくさんいました
MKFR9673-強化.jpg
岩礁地帯は絶景
DSC_0516-強化-強化.jpg
トンビがヒラヒラ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小説たび巡りⅡ [本]

松本清張の作品には日本中の鉄道旅行が網羅されているのでそこから始めます。前回は三浦半島観音崎を舞台にしました。

今回は代表作「点と線」から 「東京駅13番線ホーム(横須賀線ホーム)から14番線、15番線が見える」というこのシーンはこの小説の要となるシーンであり、また今や廃止されたブルートレインの出発風景です。15番線ホームに九州行き特急「あさかぜ号」が停車している風景を登場人物に「あれは博多行き特急、あさかぜ号だ、」と語らせています。(作品でこのシーンを実際に触れて下さい。)

東京駅の九州方面長距離列車の出発ホームには見送り客が溢れ、一種独特の旅情が醸し出されています。私も40数年前にブルートレインに乗車した思い出があります。若い時分でもう記憶は霞んでしまっていますが断片的記憶を辿って・・あさかぜ号はこの小説の舞台ですが、東京駅発18:50頃だったと思います。博多着が昼前になり博多が目的地の方にはいいですが、博多より遠くの旅行の場合はもっと早く着く列車に乗りたいところです。確か私が乗ったのはみずほ号かさくら号だっと思います、これは15:30頃の東京駅発です。博多には朝着くと記憶しています。このような寝台列車に乗ったのは初めての経験でした、夜遅くまで起きて通路に備え付けられている折り畳み座席に腰かけて、どの辺りを走っているのか暗い窓を覗いていたことを記憶しています。寝台ベッドで寝ることへのワクワク感も楽しみの一つでした、しかし到着する頃の朝がたには不眠感が結構ありました。2段式のベッドで1段目は座席シートになるので線路の音が夜通し聴こえて中々眠れないからです。

DOEP3596.jpg最後に福岡県香椎の場面が出てきますので紹介します。香椎駅へは博多から鹿児島本線で行く方法と西鉄電車で西鉄香椎駅に行く方法と2通りあります。国鉄香椎駅へは博多から門司方面に3駅10分で着きます。(わざわざ国鉄を使用しました。)両駅は近く、小説でも歩いて5分という距離が推理の核心になります。IMG_2223.jpg香椎から山側が香椎神宮方面、海側は博多方面です。殺人事件の舞台 香椎の海岸は風光明媚な所と書かれ、万葉集 大伴旅人の歌「いざ子ども香椎の潟に白妙の袖さえぬれて朝菜摘みてむ」を引用してます。右側には海の中道の先 志賀島が見え、左側には能古島が見えると書かれています、出掛けた事がありますが今はもう能古島は見えません、博多湾の向こうにアイランドシティーの高層ビル群が聳え立っています。


IMG_2225.jpg「点と線」は東京駅の風景と香椎の海岸が舞台となる作品です、東京駅も香椎の海岸も今は往時の風景はありません。前掲みずほ号乗車時の目的地は志賀島でした。志賀島到着時に公衆電話から家に無事到着電話をしましたが10円玉が凄い勢いで落ちていき驚きました、それ程遠いところだったんです。往時の風景を偲びながら現代を旅したいところです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小説の旅巡り [本]

コロナはいよいよ牙を剥き出しその本性を見せ始めた。数々の変異種が現れ、その変異種同士で生存をかけて喰い合い、優位に立ったものが凌駕してゆく・・・そして勝ち残った種が今人間に襲い掛かって来ているのです。その姿は一昔前のゾンビ映画のように人間を喰い尽す・・・・少し劇的な文章にして見ましたが、どうもステイホームで家にいるとワイドショーの声高な叫びともとれるような説明や各持論を聞かせられると心が麻痺してきます。もう情報が過剰すぎて理解を超えて来ました。少し文学的な抒情的文書に心地良い逃避をしたくなりました。

DSC_9867-_1-2.jpg

五月の風を感じて・・・・松本清張作「球形の荒野」に書かれている部分では三浦半島観音崎の風景が舞台でした。本当は観音崎のレポートをしたかったのですが行けないので回想です。情景描写を引用したいところですが、小説や映画でご覧下さい。昔、映画はロードショーで見に行きました、その前に上映された「砂の器」が良すぎてこれも大感動だと思い込んだのですが裏切られた感が強かったと記憶しています。でも改めて原作を読むと「砂の器」より数段抒情的でいいです。映画は島田陽子主演、芦田伸介が父親役で重厚感のある映画でした。最初の蝉しぐれの場面を印象深く記憶しています。

エナガ.jpg

清張作品の舞台地を巡る旅は旅のロマンと原作の記述をなぞれる一人旅が楽しめます。観音崎に行きたくなりました。この作品では奈良唐招提寺から物語が始まり、明日香の古寺巡りの場面が続きます。明日香の古寺巡りも一興ですね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -